【FX】FXを7ヶ月間死ぬ気でやってきて

こんにちは、志村光一です。

私は、2019年の年末から、
FXに真剣に取り組んできました。

FX自体は2018年の夏頃から
デモ口座などでポツポツ
やり始めていましたが、

真剣に勉強・実践を始めたのは
2019年の年末あたりからです。

もう毎日毎日、1日10時間以上
チャートを眺めてきました。

そして何百回、何千回と実際にトレードをしてきました。

週末のチャートが動いてない時も、
24時間FXのことだけを
考えるくらいの気持ちで
FXに臨んできました。

今日は

・これからFXを始めようと考えている人
・すでにFXをやってみて入るけど、いまいちちゃんと理解できていない人

に向けて、
ものすごく大事なことを話すので
少しの間だけお付き合いいただければ幸いですm(_ _)m

私がFXを選んだ理由は以下の通りです

———————————————

1・クリック1つで数分から数時間程度で毎日数十万円~数百万円を稼げる(しかも場所や時間も選ばない)

2・取引先やお客さんなど、人間関係を気にする必要がなく、まわりに一切忖度や迎合することなくたった1人だけで稼げる

3・税金が安い!!!(超重要!!)

4・一度身につけたら一生モノのスキルなので一生お金に困らない(超超重要!!!)

———————————————

他にもあると思いますが、概ね以上です。

私はこれまでにネットビジネスで
累計5000万円以上を稼いできましたが、

ネットビジネスは
達成できないことが、
FXにはすべてありました。

特に3番と4番はめちゃくちゃ大きいです。

実は私と同じ同期のFX仲間に、
70歳過ぎのご年配の方がいらっしゃいました。

その方は、
FX歴が半年程度にも関わらず
真剣にFXに取り組み、

■1ヶ月間で原資100万円を350万円

にしました。

これを目の当たりにしたときに、

■やっぱりチャーチストは年齢関係なく一生モノのスキルだよな

と確信を持ちました。

チャートの見方を一度身につけてしまえば、
為替だけではなく、
株や他の金融商品など、
ほとんどのことに応用できます。

ネットビジネスでよく言う

・セールススキルやライティングスキルやマーケティングスキル

これらも、一度身につければ
【一生モノのスキル】であることは
間違いない事実ではあると思います。

ただし、それらで一生稼ぎ続けるためには

■一生なにか商品を売り続けなければいけない

わけで、

一生稼げる!ということは

———————————————

・一生働かなければならない

・時代の変化に臨機応変に対応する必要がある

・お客やクライアントが獲得できなければ収入にならない

———————————————

という負の側面もあるわけです。

さらに超頑張って稼いでも、約半分は税金。

60歳や70歳になっても

■ビジネスが大好き!ビジネスしたい!!

という人はそれでも良いと思いますが、

私の場合は違うんですよね。

60歳超えてまで

■私が稼いだ方法を教えます!!

とか、やりたくないわけです。

(ご年配のアフィリエイターさん、ごめんなさい)

あと3番も超でかいです。

ネットビジネスで年間4000万円稼いだとしましょうか。

そうすると、だいたい個人の年収はその半分以下になります。

概ね1700万円~2000万円程度。

法人でやってる場合は
確かに節税効果は大きいですが、
収入=個人の収入ではなく、

役員報酬と
非課税所得(旅費日当など)だけが
個人の収入になります。

基本は給与所得(役員報酬)のみです。
法人の収益の節税はたくさんできますが、
個人の節税はほとんどできません。

特に法人で稼いでいる場合は、
鬼のようにバカ高い税金と社会保険を
強制的に毎月固定で払う必要があります。

※個人事業主であれば国保と国民年金ならだいぶ安いです、ただし税率はマックス55%で控除はほぼなしですが

ということは、

■絶対にある一定以上の金額を稼ぎ続けなければいけない

というプレッシャーが常に付きまとうわけです。

※法人をやったことがある方はわかると思います

それにビジネスで稼ぐと、

・中間納税(予定納税)

・源泉徴収

・事業税

・消費税

などなど、めちゃくちゃ税金取られたり、資金をロックされます。

※これもある程度ネットビジネスで稼いだことある人はその大変さがわかるはずです

ビジネスで大きくお金持ちになった人は

———————————————

・高い税金を納めつつもそれよりもさらに大きな金額を稼いで高額給与をたくさん取った人

・自分の会社を上場させて株の時価総額を上げた人やバイアウトした人

———————————————

これらのいずれかだけなんですね。

割合にすると超少ない。

だから、ビジネスの場合【小金持ち】にはなれても、

【自由なお金持ち】になるには、実は超難易度が高いわけです。

ネットビジネス系や起業コンサル系だと
この辺のことを言う人は
1人もいませんけどね。

かたやFXや株、
金融商品のトレードは、

あなたもご存知のように
【申告分離課税】なので一律20%です。
(国内取引のみに限ります)

年収4000万円稼いでも、3200万円が
まるまる自分の手元に残ります。

所得税+住民税あわせてたった20%ですよ???

高額な社会保険料を毎月払わなくて良いんですよ??
(国民健康保険と国民年金だけです)

しかも、消費税も予定納税も事業税も全部ないんですよ???

———————————————

ネットビジネスの場合=事業所得4000万円⇒手取りが1000万円~2000万円前後
※中間納税で前年所得税の半分が強制資金ロック+さらに消費税や事業税や高額な社会保険料

FXや株や先物トレードの場合=年間利益4000万円⇒手取り3000万円程度(保険料込み)

———————————————

わかりやすいように
ざっくりとではありますが、
だいたいこんな感じです。

これがどれだけすごいことか、
わかってる人はかなり少ない印象です。

さらに大きく稼げば稼ぐほど、
この手取り収入の差は開くばかりです。


ビジネスで1億円稼ぐ⇒手取り約5000万円、もしくはそれ以下
トレードで1億円稼ぐ⇒手取り約7800万円

家でパソコンのマウスとキーボードをポチポチしているだけで、です。

国税庁が出している

【年収1億円稼いでいる職業】

という公式のデータがあるのですが、

なんと

1・株・為替などのトレーダー 56.4%

2・超一流企業の給与所得者 31.8%

3・事業所得者 7.8%

というのが現実です。

ネットビジネス人口や
世の中の起業系の人たちは
3番に当てはまりますが、

いかに大きな差があるか
一目瞭然ですよね。

私はネットビジネスで
法人を8年間もやってきてますが、

これを見て

■やっぱりそうだよね

って思いました。

だって私の周りで
ネットビジネスで
年収1億円を取れてる人って、
1名くらいしかいないですからね。

だいたいみんな年収1000万円程度かそれ以下です。
(これは節税対策のためでもあります)

このような事実を発信している
ネットビジネス系の人や
アフィリエイターや
情報発信者がマジで1人もいないのに、

■自由なお金持ちになるためにネットビジネスやろう!

とかいう盲目的な輩が多くて、
さらにはその間違った
金融リテラシーを
広めようとしてるんだから
タチが悪くてしょうがないです。

自分のことを棚に上げて
本当に申し訳ないですが、
これが偽らざる事実なのです。

これをお読みの方はおそらく、
もしかしたらまだ
FXには興味がないか、

FXのことを怪しいギャンブルだと洗脳されているか、

いずれにせよ

【FXは怖い!】
【FXはやったことがない!】
【FXってなんだかよくわからない!】

という方がほとんどだと思います。

私自身もFXを
真剣に始めてから7ヶ月間、
だいぶ遠回りをしてきましたが、

やっとFXの収益だけでも
生活ができるだけは
稼げる目処がついてきました。

でもって、私の周りには、
1日数回のトレードで
毎日数十万円~数千万円を
稼いでいるような
鬼トレーダーも何人もいますので、

そういった情報も
シェアしていければなと思います。

大事なことなのでもう一度言いますね。

■毎日1時間ほどパソコンでポチポチしてるだけで、数十万円から数千万円

を稼いでいる人たちが実際にゴロゴロいるのが、FXの世界です。

私の知る限りだと、
この間たった数十分のトレードで
【1577万円】を稼いだ人もいます。

私自身も、3月のコロナショックのときに
わずか数分で+1000pipsという
尋常ではない利益を獲ることができました。

※FXをしたことがある人ならこの異常さがわかると思います。

世界中が不景気のときでも、
FXでは毎日数十万円~数千万円を
稼ぐことができるのです。

世界がまるで違います。

FXについては
またおいおい
お話していきますが、

今日までの話を聞いて、

■あれ??FXちょっとやってみてもいいかな??

と思ってくれた方が
この中に少しでもいてくれたら
とても嬉しいです。

FXに少しでも興味がでたあなたは、
他のブログ記事なども
目を通していただければ
とてもうれしく思います。

ネットビジネスは
お金を稼ぐための
最強の手段の1つではありますが、

【自由なお金持ちになるための最良の手段】ではありません。

私としては、
1人でも多くの人に

■しっかりとした一次情報

をお届けして、

FXをやるかやらないかは、
あとは各々がそれを踏まえて
選択してもらえれば嬉しいです。

それでは本日もお読みいただき
ありがとうございました。