コインチェックの販売所と取引所の違いについて検証してみた

こんにちは、志村光一です。

国内では暗号通貨の売買に
コインチェックを使われている方が
多いかと思いますが、

コインチェックの中で
『取引所』と『販売所』があることに
気づいていますでしょうか?

こちらのトップ画面が、『取引所』になります。

取引所では板取引をすることが可能です。

買い板・売り板を見て、
自分が売り買いしたい金額を決めたりできます。
そして注文を入れて売買が成立すれば、
晴れて通貨が購入できることになります。

しかしこの記事を書いている2017年12月現在では、
ここの板取引で買えるのは、BTC(ビットコイン)のみです。
早くアルトコインも板で買えるようになるといいんですけどね・・。

ちなみにこちらの板(取引所)でBTCを購入すると、
販売所よりも安い手数料で買うことができるので、
BTCを購入するときは必ず『取引所』を使いましょう。

しかも現在はキャンペーン中に付き、
手数料が無料・・・。
明らかにこちらで購入したほうがお得です。

そして『販売所』から買う場合は、
まず自分のウォレットに行ってから、
左側の『コインを買う』を見ると、
BTCを含め、取り扱っているアルトコインを
日本円で購入することができます。

逆に『コインを売る』に行くと、
アルトコインを日本円で売ることができます。

では、販売所と取引所では、どのくらい手数料がかかるのでしょうか?

BTCを見てみましょう。

取引所で手数料なしで購入した場合。

1988000円が現在の相場です。
でもって、売り板を見てその値段で買うか、
指値で注文するか、
いずれにせよ手数料はかかりません。

ただし販売所を見て下さい。

同じ時間にキャプチャを撮ったにも関わらず、
なんと2020000万円での購入となります。
3万円近くも買値に差があるわけですね。

となるとどういうことか?

100万円分BTCを購入しようと思ったら、

取引所では、
■1000000÷1988000=0.503ビット(枚数)
買える計算になりますね。

方や販売所では
■1000000÷2020000=0.495ビット(枚数)
しか買えないわけです。

こうやって見ると
あまり大きな差はないようにみえるかもしれませんが、

1BTCの値段が200万円だとすると、
■2000000÷(0.503-0.495)=16000
ぶんも損している計算になります。

ビットコインの金額が大きすぎるため、
枚数的にそんなに差はないと思うかもしれませんが、
日本円で考えると、なんと1万円以上も損している(手数料を払っている)
計算になるわけですから、恐ろしいですね。
いかにもったいないか、ということです。

販売所というのは、注文を受けてから
コインチェックの方が購入をして販売するわけなので、
(実際はある程度事前に大量に購入しているのだと思いますが)
手数料を多めに取らないといけないわけですね。

成行注文でクリック一つで
簡単に購入できるので販売所は楽なのですが、
手数料を計算すると恐ろしいことになるので、
大量の注文を入れるときは必ず取引所から買いましょう。

じゃあ、
『アルトコインを買うときはどうすればいいのか?』
ということですが、
基本的には、海外の取引所で購入します。

コインチェックの『取引所』でビットコインを買い、
海外の取引所の自分のウォレットに送金します。

そしてそのBTCを使って、
海外の取引所でアルトコインをいた取引するのです。

海外の取引所は売り買いも日本の国内取引所に比べて
手数料が0.001%程度だったりするので、非常に安いです。

よって結論から言うと、
コインチェックでは取引所でBTCのみ購入し、
海外の取引所に送金するためだけに使う、
というのが、賢い使い方になります。

といっても、最近はBTCの価格が
かなり上がったため、
送金もかなり手数料がかかるように
なってしまったんですけどね・・・。


※2017年12月21日現在の送金手数料

BTCだと0.002%なので、
■2000000×0.002%=4000円
となります。

高すぎ・・・・。

これじゃあ、実社会でBTCで決済しようとしても、
手数料が高すぎて使い物になりません。

まあこの話はひとまず置いておいて、
『取引所』と『販売所』の違い、
使い方はしっかりと覚えておきましょう。

そうしないと、手数料でかなりもったいない思いをしますからね。

長期投資前提であれば、販売所で購入しても大きな問題ではありませんが、
短期トレードの場合や、大量購入の場合は、
手数料でかなり持っていかれるので、かなり大損をします。

特に販売所では手数料が高すぎて、
短期トレードなんてさっぱりできませんのでご注意下さい。

1日10%くらい相場があがったとしても、
売り買いの手数料で10%以上持っていかれるので
それ以上利益が出ないと行けない計算になります。

ゆえに、販売所で購入する場合は
『長期投資前提』で買うことにしましょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です