投資に必要なテクニカル基礎【酒田五法】を覚えよう!

こんにちは、志村光一です。

この記事では、トレードに必要な
【テクニカル分析】の基本の1つ、
【酒田五法】について学んでいきます。

これを頭に入れておくだけでも、
なんとなく上がるか下がるか
を適当に予想してトレードするよりも、
高い精度で勝つことができるようになるはずです。

ではいきましょう。

酒田五法は、日本の江戸時代の米相場で活躍した
本間宗久によって編み出された相場の分析方法です。

本間宗久は、現在の山形県酒田市周辺の大地主であったことから、
彼のローソク足を使ったチャート分析を酒田五法といいます。

酒田五法は、
「三山(さんざん)」「三川(さんせん)」「三空(さんくう)」「三兵(さんぺい)」「三法(さんぽう)」
という5つのチャートのパターンが基本になっています。
これらの基本パターンは、チャートのフォーメーション分析や
様々な複数足分析の土台になっています。
※マネックスのサイトから引用

ローソク足自体が江戸時代の日本人が
生み出したもの、ということ自体がすでに驚きですが、

この【酒田五法】はそれくらい昔から
基本として考えられてきた分析法なので、
確実に覚えておいたほうがいいですね。

■三山・三尊

まずは三山・三尊からです。

3回突破できなかった高値は、
しばらくはもう突破できないだろう、
という推測で相場の天井を見極めるパターン分析です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です