ブロックチェーンとは何か?

こんにちは、志村光一です。

今回は、暗号通貨(仮想通貨)とは
きっても切り離せない、
【ブロックチェーン】という技術について
学んでいきたいと思います。

ブロックチェーンの【ブロック】とは、
『情報の固まり』のことを表していて、
取引履歴などの情報が詰まった固まりだと考えて下さい。

一定量の情報量が集まるとブロックが生成され、
また新しいブロックが作られていきます。
各々暗号通貨によって、ブロックの生成速度の時間間隔は違います。
ビットコインは約10分程度と言われています。

そして、その情報が詰まったブロックが
1つ1つ鎖(チェーン)のようにつながれていくので、
『ブロックチェーン』と呼ばれているのです。

このブロックチェーンは、
この世で暗号通貨を取引する全世界の人々の
仮想通貨のやりとりをすべて記録した
『仮想通貨の取引台帳』とも言えます。

そしてこの台帳は、銀行のサーバーように
特定の1つの場所にデータが集まっているのではなく、
ブロックチェーンのネットワークに参加している
全世界のすべてのコンピューターに分散させて、
遠くに住んでいる第三者のコンピューターにより
データの改ざん・偽造などがないか常に情報をみんなで監視し合う、
というシステムになっています。

つまり、このブロックチェーンでは、
全世界のみんなで監視をすることにより、
改ざん偽造の恐れがほとんどありません。

ゆえに、従来の中央集権的な管理者、
いわゆる国や銀行などは必要ないのです。

逆を言えば、全世界の人々で監視しあうわけですから、
すべての取引の履歴は全世界の誰にでも見ることが可能、
とも言えます。ガラス張りの台帳みたいなものです。

■誰でも見ることができるのに、誰も改ざんすることができない

という技術なのです。

ですから、ブロックチェーンの技術というのは、
暗号通貨の取引だけではなく、
改ざんや偽造のおそれがあるような分野のデータを守るためにも、
大いに期待されています。

たとえば、選挙や公的情報、不動産の登記、医療関連など、
本当に様々な分野への応用が可能なのです。

■ブロックチェーンのメリット
・特定のサーバー等に依存しないので、システムやサーバーがダウンすることがない
・世界中のブロックチェーン上に情報が残るため、改ざんや偽造などの不正が不可能

従来の中央集権型であれば、
まずその中央集権に信頼の前提が必要でしたが、
ブロックチェーンの場合は
全世界のコンピューターに分散されるため、
不正が不可能です。よって、信頼の前提が必要ありません。

不正が不可能、ということは、
不正をするような人たちを監視するシステムや
第三者機関が必要ないということでもあります。

このようなブロックチェーンの発明というのは、
インターネットの発明に匹敵するほどの、
かなり画期的な発明なのですね。
ブロックチェーンのセキュリティは、
かなりすごいものなのです。

■日本にブロックチェーン技術が採用されたらどうなるか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です