そもそも暗号通貨(ビットコイン)とはなんなのか?

こんにちは、志村光一です。

今日の記事では、
『なぜ暗号通貨(ビットコイン)は生まれたのか?』
について、学んでいきたいと思います。

ビットコインは、日本では【仮想通貨】としておなじみですが、
英語だと【crypto(暗号) currency(通貨)※クリプトカレンシー】
と呼ばれているので、
正しくは【暗号通貨】となります。

別に正式名称という決まりはないのですが、
日本では仮想通貨という呼び名のほうが馴染みがあります。

暗号通貨と呼ばれる理由としては、
ブロックチェーンという技術により、
暗号を利用して、情報や内容を偽造したり、
書き換えたりできないようにしているためです。

暗号通貨の誕生としては、
やはりビットコインの誕生がその起源と考えられます。

様々な諸説がありますが、
実際にビットコインというものが
明確に動き出したと考えられる出来事は、
やはり2008年の『サトシ・ナカモト』という人物が、
ビットコインに関する論文を
発表(投稿)したことが発端とされています。

この論文の内容を簡単にですが紹介すると、
従来の、国や中央機関が通貨を発行するという仕組みではなく、
P2P(ピアツーピア)という仕組み、
つまり、管理者を通さず、人と人が
直接やり取りをすることの仕組みを利用して分散処理をし、
暗号化の技術と組み合わせることで、
その通貨(ビットコイン)の価値を担保する、というものでした。

これがつまり、ブロックチェーン技術ということになります。

この考え方に多くの研究者やプログラマーが触発され、
有志が集まってプログラミングを行い、2009年になると
初めてビットコインが【発行】されます。

ただし最初からビットコインに
通貨としての価値があったわけではなく、
サトシ・ナカモト氏の論文を元に
発行されたビットコインが、
本当に経済活動上において機能するのか、
そして、ビットコインに問題点はないのか、
といった、プログラミングの技術的なゲームみたいな感覚で、
ビットコインはスタートしたと言われています。

これが、【ビットコインの始まり】だと言われています。

ちなみに、この論文を投稿した
『サトシ・ナカモト』氏は、日本名のようですが、
ドコの誰だか、日本人かどうかすらも明確にはわかってはいません。

そもそもビットコインとはなんなのか?

仮想通貨、というか、ビットコインに関しては、
こちらのビットフライヤー様提供の
こちらの動画を1度は見ておくと、わかりやすいかもしれません。

そもそもビットコインの生まれた目的とは、

■だれでも簡単に保有できて、送金も簡単で、どこでも使える新しい通貨

というのが、本来の目的です。

そしてこの目的を達成可能にするのが、
【ブロックチェーン】という技術なのですね。

わかりやすく言うと、
これまでは主に、国や中央銀行がお金の発行を決めていました。

国と中央銀行が、お金の発行枚数を決め、
そのお金の価値を担保していました。

国の借金が増えたら、
じゃぶじゃぶとお金をたくさん刷っていたわけです。

税収などで返済を賄おうとしていましたが、
返す当てもないのにじゃぶじゃぶ刷りすぎてしまった。
その結果、日本は世界的にも
ものすごい借金大国になってしまったわけです。

話はそれましたが、
あなたがお店でなにか商品を買おうとすれば、
必ず【日本円】をやりとりすることになります。

なにかサービスを受けようとすれば、
必ず【日本円】を相手に支払いますよね。

これが【日本円】ではなく、
【ビットコイン】でやり取りをする、
というイメージです。

いままでは国や中央銀行が発行を決め、
すべて管理されていたものを、
【民間企業(発行企業)】の通貨を使って
相手とやり取りをするイメージですね。

また、銀行や郵便局などを通さなくても、
取引所やスマホアプリやwebブラウザから、
簡単に海外の友人などに送金ができるのも、
大きなメリットになります。

銀行などを通さないので、
面倒くさい手続きもいりませんし、
送金手数料も安いですし、
運が良ければ国や税務署にもバレません(笑)
(いや、本当はバレますが・・・)

例えば、自国の通貨に不安がある場合は、
BTCの価値が急激に高まったりしますね。

ただし、いいことづく目のビットコインですが、
国や銀行からしたら、
非常に面白くない仕組みなわけです。

当たり前ですよね。

このままの仕組みを容認していたら、
脱税やマネーロンダリングの可能性が
非常に高いからです。

だから現在、世界中で、
【マネーロンダリング・税金逃れ・詐欺】を
なくし、適切で健全な市場にするべく、
様々な規制や法整備が検討されています。

国も、暗号通貨を一斉に規制するわけではなく、
【ブロックチェーン】という技術には
これからも発展していって欲しい、
と考えているようなので、

■十把一絡げに前号通貨=規制

ということではないと考えられます。

人間は、便利な生活になると戻れない生き物なので、
そのために必要な技術には規制はかけない可能性が高いです。

BTC(ビットコイン)の価値はどうなっていくか?

また、ビットコインに関しては、
国や中央銀行が発行する法定通貨とは違い、
2100万枚という発行の上限枚数が決まっています。

つまり、価値が担保されているわけではないけど、
発行の上限枚数が決まっているため、
無尽蔵に発行することができません。

よって金と同じ感覚で、

■欲しい人が増えたら価値があがり、減ったら価値が下がる

という認識で概ね問題ありません。

こうやって、価値が担保されています。

金と同じ感覚で価値が保存されているため、
ビットコインは【デジタルゴールド】と
呼ばれていたりもします。

※金(ゴールド)は、
それ自体にあまり使いみちがありませんが、
地球上の採掘可能量がほぼ決まっているため、
無尽蔵に増やすことができません。

もしものときに法定通貨にしたり、
それ自体を欲しがる人と取引をしたりと、
資産としての価値が大きいです。
ビットコインも、これとほぼ同じ考え方です。

2018年現在、ビットコインは【基軸通貨】とされており、
世界中でもっとも使える(決済できる)場所が多い
暗号通貨とされています。

まだまだ日本では普及していませんし、
世界的に見ても実需はまだあまりありませんが、
確実に決済手段としても、
今後は需要があると思われますし、
現状、財産的、資産価値があると言えます。

もちろん、ビットコインやこうした暗号通貨には
大きなメリットがある反面、デメリットもあるわけですが、

それはまた別の記事で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です